スタッフブログ

2015.11.10更新

川崎大師平間寺貫首 

藤田隆乗師による仏教風習と密教儀礼

川崎大師にて貫首の藤田隆乗師による密教儀式・儀礼についての講義と本堂での護摩祈祷法要に参列させていただきました。

坐学では「お盆(盂蘭盆会)・施餓鬼会の歴史・思想を解説。昼食は密教食作法(じきさほう)にのっとりお坊さんの先導の元、お経を唱え、いただきました。

講義の後は貫首の行う本堂での、一般参拝者に行う護摩法要を拝見させていただきました。

好運にも何と私は内陣の最前列に案内され、後ろ・横隣にお坊さんの列、前は貫首、お経の声がビンビン響く特等席のような場所で拝見できました。

法要後はご本尊前まで案内され、大変ありがたい一日でした。ありがとうございました。

チョット強面な迫力あるお坊さんと思いきや、とても楽しい、優しい貫首様でした。

法要終了後、カリキュラムにはなかった本堂前での記念写真撮影が用意されていました。

やはり貫主さんはエライ!大きな椅子がド~ンと中央に用意されていました。

坊さん

daisi

ame

ame

金

 

おまけーその壱 

中国から伝来した仏教ですが本来はインド発祥です。

漢字ではなくサンスクリット語、タリー語等の原典の意味が中国人によりちょっと変えられて伝わった様です。

我々も漢字で伝わったので意味を間違えている事も多いかと思われます。

お経の漢字はインドのことばの音を現しただけで難しい漢字の意味はお経の意味とはほとんどがまったく関係ありません。

おまけーその弐

川崎大師駅前にはもう一つ知る人ぞ知るめずらしい神社があります。子宝、子授け、開運の金山(かなまら)神社です。

何とご神体は「男根」です。びっくり、境内に幼稚園があります。写真のオブジェの前で子供の遊ぶ光景を想像して下さい。

子宝

 

神社

 

o

幼稚園

 

インドやブータン等でも同じご神体を拝んでいます。

タブラ奏者のディネーシュ先生に案内していただいたヒマラヤの山奥のヒンドゥー寺院の光景とほとんど同じです。

残念ながら、この神社は毎年4月の第一日曜日にしかお札はいただけません。絵馬のみいただいて来ました。来年4月にお参りして来ます。

絵馬

おまけーその参

私は鍼灸の専門学校へ通っていた3年間川崎大師の真裏にある大師仲町アパートに住んでいました。

川崎大師の西解脱門から約1分程です。懐かしくなり行ってみました。30年以上過ぎた今もそのままの姿を残していました。

スーパーマーケットも信用金庫もそのままでした。

アパート

あ

 

当時貧乏で一回も食べた事のなかった「八ツ目や・まつもと」というウナギ屋さんが今も営業していました。始めてウナギ弁当を買って帰って来ました。

母

う

 

当時、火事になってしまったお風呂屋さんもまだ営業していました。ビルになってしまい煙突はありませんでした。

お

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

2015.10.14更新

毎月第3日曜日湯島聖堂での「論語素読講座」の後、講堂の正面玄関前の車止めに子馬が散歩していました。  

神田明神のハッピを着たお兄さんと一緒です。

ビックリ!江戸時代にタイムスリップした様でした。

当時、昌平坂学門所に通うお侍さんはおつとめの為馬に乗ってこの昌平坂を行き来していたはずです。

そうそう私達も農大時代世田谷通りの歩道を研究室の豚をペットの様に散歩させていました。関係ない?

人間生活の周囲に動物、植物が同居している事は人間の心にとってとても良い事です。

生き物を相手にしながら生きる事が大切です。

たっぷり写真を撮らさせていただきましたが…

治療院に帰りカメラを開けてビックリ!SDカードが入っていませんでした.

 … おそまつ …

残念ながら写真はありません。

なんとも可愛い馬でした。

yusima

 

yu

10/12

 

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

2015.10.13更新

今年も代々木公園がインドのバザールになりました。

吉例ののナマステインディアに行ってきました。

今年は「仏教の歴史講座」の講師中村元東方学院の佐々木憲一先生がサンスクリット語の名刺を作ってくれるというので早速東方学院のブースへ寄ってみました。

見本をみながら指導を受けながらサンスクリット語で

自分の名前を書き出来上がった文字で名刺を作っていただきました。

なぜかインドに親しみを感じ、あのニオイ、あの音を聞くとホット安心します。

代々木公園はインド一色になっていました。

インド

いんど

いんど

 

帰り道、小さなお店に行列ができているのを発見。野次馬根性で私も並んでみました。

世界で2番目においしいメロンパン屋さんでした。

 gyouretu

*世界で2番目においしいメロンパン

代々木公園のナマステインディアの帰り道、行列の最後に並んでアイスクリームメロンパンを食べました。

子供連れのお母さんやカップル、ギャル達と一緒にあったかくて冷たいメロンパンを食べました。

「おいしい。」

年をとってから恥ずかしい事がなくなり、若者にまざって大変親切にしていただきました。

食べ方のレクチャーもしてくれました。

アーアおいしかった。

毎日食べると病気になります。

店では受け付けのカワイイお姉さんと、私と同年代のおっさんが作ってくれました。

ビルの1Fの小さなお店ですので通りすぎないように!

 

おっさん

めろん

 9/20

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

2015.10.13更新

日本初「春画展」と「ウィン美術史美術館風景画」の誕生

*イギリスの大英博物館で大盛況を博した「春画展」が日本で初めて開催されました。

大きな美術館が躊躇した中、永青美術館のみが手を上げた様です。

江戸の知性と教養が作り出した浮世絵は世相や権力、インテリゲンチャーの風刺、

その芸術性の高さや文化性から、外国人、公家や武士、お殿様の宝物としてコレクションされていた様です。

豆本はお守りとして武士が戦で身につけて持ち歩いていたようです。

永青文庫は旧細川家の江戸屋敷の建物を美術館としている為和式の洋館でした。

あまりにも美しい浮世絵がカビでもはえないかと心配してしまいました。午前中に入館しましたが美術館を出る時は長い行列が出来ていました。 

狭い館内は大混雑。 明るく生き生きと輝く絵を一度ご覧あれ。

*渋谷文化村ミュージアムで行われている風刺画展は素晴らしい美術館ですが、キリスト教がベースになる絵は浮世絵に比べ何と暗い事か。

風景画なのになぜキリストの絵はあんなに暗いのでしょうか?祟り、怨念を感じました。

浮世絵絵具は描いたばかりの様な美しさでしたが油絵はひび割れていました。クリスチャンの方ごめんなさい。絵だけの感想です。

私は春画展に軍配を挙げます!

春画

しゅんが

9/21

 

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

2015.10.06更新

北山 修と言う名前を知っていますか?

フォーク・クルセダースというグループで「おらは死んじまったダ~」と歌っていた人です。

医学生でデビューし精神科医になり九州大学で教鞭をとり退官後都内で開業しながら

ICU講師や大学の副学長を務め、作詞家・タレント?精神科医として我々に「こころ」の問題を語ってくれています。

今年のアカデミックシアターでは桂文枝をゲストに迎え文枝の新作落語を神分析しました。

文枝師匠との対談では、台本にないことを文枝が「つっこみ」を入れているのでしょう、

北山おさむ先生が返事を返す事が出来ません。精神分析医と落語家の対決は落語家の勝ち!最後まで文枝にやられっぱなしでした。

文枝はエライ!!文枝師匠のワンマンショーでした。

TVの「新婚さんいらっしゃい」は文枝の知性・教養で作られた、計算されつくされた番組なのではないでしょうか。

 

きたやま

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

2015.09.28更新

 きっぅく

 

黒田アキヒロ選手 9月27日(日) WPMF日本タイトル戦
                     

           勝利!!

 

ライト級王者に決定!  応援有り難うございました。

 

kuroda

kiltuku

 

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

2015.09.25更新

JR西日本が50才以上を対象に鞍馬寺から貴船神社までの

京都の北の守護神を案内人と共にめぐる山歩きを企画しました。

あいにく参加人数不足で中止になってしまいました。

悔しいので一人で行って来ました。

しかし前日までの大雨で鞍馬奥ノ院からの「木の根道」が倒木の為通行禁止になってしまいました。

道

禁止

神社

 

天狗の修行道をあきらめ、せっかくの山登りをまた鞍馬駅まで戻り、電車とバスで貴船へ行き貴船神社まで二度山道を歩きました。久しぶりに筋肉痛でした。

 

貴船

貴船

 

京都の神社は縁結びや学問の神様ではありません。

本当は長い間の権力闘争を行ってきた帝・公家や侍たちが悪行の「祟り」を恐れたり、自然の脅威を神の怒りと考えたり、恋の恨みの仇討をしたり、鎮魂と怨霊、物の怪、呪いとの戦いを続けた魔界都市が京都なのです。

神社仏閣は魔を祓い、厄を除くためのものでした。

怨霊、物の怪と京の守護者を祀った神社仏閣を出来る限り  回ってきました。私もすっかりお祓いされて帰って来ました

何も就いてません、もらってきませんでしたのでご安心を!!

 

塩

寺

北

点万

 えん

ha

ha

 

 

 

 

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

2015.09.14更新

新宿西口地下道が八百屋さんになっていました。

当院通院中のH氏からの情報を聞いて、セミナーの帰りに新宿西口丸の内線改札口通路の農協のコマーシャルを観てきました。

農協

あっと驚く光景でした。

地下道の柱が「だいこん」「にんじん」「さつまいも」「とうもろこし」になっていました。

壁にプリントしてありQRコードで野菜の注文が出来ます。

大根

にんじん

サツマイモ

とうもろこし

のう


農協あっぱれ!!

会長がくびになってのびのび企画が出来たのではないのかな~。

一度ご覧あれ。

今年の広告大賞はこれに決まり!

 

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

2015.09.08更新

丸の内周辺で行われた Tokyo・Jazz・Festival へ行って来ました。

9月6日(日)の国際フォーラムでのコンサート

 

jazz

①エリ・デジプリ・カルテット+アヴィシャイ・コーエン+山中千尋

②日野皓正&ラリー・カールトンSUPERBAND+大西順子

③ハービー・ハンコック&ウェイン・ショーターの3本立て。

日野皓正からイスラエルのジャズメン・ハービー・ハンコックまで盛りだくさんです。

久しぶりの日野皓正の生演奏!!

ちょっと太めになっていましたが相変わらずのパフォーマンスで元気いっぱい。

解りやすいジャズでした。ハービーハンコックは哲学者の様な音楽です。

武満徹の現代音楽を聞いている様な、素晴らしいテクニックとゆったりとした美しいピアノの音とシンセサイザーの現代音+ウェイン・ショーターの噎び泣くサックスの合体。   

満足そうな穏やかな顔をしてピアノとシンセサイザーをいつものV字型に置いて弾いていました。

ウェイン・ショーターとの絶妙なコンビです。黙って舞台に上がり突然演奏し終了まで一言もしゃべらず、お礼の言葉だけ最後に一言。そっと袖に下がってしまいました。

ウェイン・ショーターも一言「Never give up!」と叫び退席しました。何を考えているのか解りません。

 

jyzz

jyzz

NHK、BSで10月深夜に放送されます。
NHKの質問に答えてテレビ番組台本型のノートをもらってきちゃいました。
子どもと同じです。

じゃzz

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

2015.07.23更新

第56回 日本肺癌学会学術集会映画「ぼくたちの家族」を観て考える!に

参加させていただきました。肺癌治療の専門家が手術や薬の研究発表をするのではなく患者と家族について考えるという画期的な公開講座です。

癌と診断され突然余命1週間と告知された家族の様子を淡々とつづった映画です。

原作者早見和真が母親の癌を知らされた時の実話をもとにつづった物語です。

大げさな演出はありません。

2

 

郊外の一軒家に住む平凡な4人家族。ある日、母に脳腫瘍が発見され、余命1週間を宣告されてしまう。

取り乱す父、言葉をなくす長男、冷静を装うとする弟。

昨日まで元気だった母と家族に突然訪れた事件を機に、普通の家族に潜んでいた秘密、本音を表面化させていく。

そして男たちは「悪あがき」を決意する…。実話から生まれた、誰もがいつか出会う“真実”の物語です。

ドキュメンタリーの様な映画ですが。泣けました。笑えました。考えさせられました。教えられました。

学会長の弦間先生は医師を育てる為に医学生とこの映画を観るそうです。
そして学生と意見交換するそうです。
先生が40才の時、自分の父親が肺癌になり最高の治療をしたつもりだったが、

父親が後に家族に語ったのは、息子(弦間先生)が歩けなくなった癌の父親を背中におんぶして旅行に連れて行ってくれた事が人生最高の幸せだった。」という事だったそうです。

先生は治療が大成功して元気になったはずの父親を旅行に連れて行ったら少しの坂道も歩けない状態だったそうです。

癌は治したが父親が歩けなくなっているのを知らなかったそうです。

治療よりも「おんぶ」が父上様を幸せにしていたことを知らされたそうです。辛い治療を受けている患者の気持ちが解っていなかったのです。

40才にしては始めて医療とは何かを知らされたと話しておられました。トークセッションの各氏の生の声は現代医学では考えない「病気」をみない「人間をみる」という本来の医学への熱いおもいでした。

弦間先生の様な人間に目をむけた医師が大勢になってくれる事を祈ります。

どっこい日本にはまだまだすばらしい患者と信頼できる医師がいらっしゃいました。

病気や薬・治療の話をしない、患者や家族の事のみを考える学会は始めてでした。

画期的な出来事ではないでしょうか。当然、スポンサーになっている製薬会社もありませんでした。

地味な会場でコジンマリとした、暖かい学会でした。先生方の会費のみで会員の先生方が運営したのだと思います。

参加費用も無料でした。学会長の弦間先生はエライ!!!

映画「ぼくたちの家族」を観てみませんか!

トークセッションのパネリスト、作家・作者 早見和真氏 久光重貴選手(湘南ベルマーレ)応援します!

2

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

前へ 前へ