スタッフブログ

2019.04.03更新

来院中のOさんからの情報で、地元、相模原市南区の相模女子大学の百年桜が満開になっていると聞き、野次馬としては黙って居られず、早速行って来ました。

お昼休みに電動自転車で15分。

正門で受付けを済ませ名札をつけ学内へ。

 

s

n

 

 

旧陸軍通信学校の跡地だそうで、構内は広々と緑がいっぱい!

百年桜は陸軍時代に植えられたものだそうです。

桜は寿命が比較的短いそうですが、環境が良いと100年以上の大木になる事もあるそうです。

 

d

f

g

j

あ

お見事な桜でした。学園構内には桜がいっぱい!!

 

z

x

広い学内は歴史的建造物と近代建築がバランス良く点在する

素敵なキャンパスでした。

羨ましい環境でした。

 

k

l

 

 

見学できる時間は9時~16時です。

 

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

2019.03.31更新

今週は第12候(3月31日~4月4日)

雷乃ち声を発す(かみなりすなわちこえをはっす)

遠くの空から雷の音が

聞こえ始める時節。

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

2019.03.27更新

k

a

s

 

家持は、京都から越中へ約5年間、行政宮として赴任し、そしてその自然や温かい人情に触れ多くの和歌を残していたそうです。

富山県のイベントが家持生誕1300年を記念して東京で開催されました。

学生時代は半分居眠りをしながら国語の授業で学んだ万葉集や家持の歌、まったく興味がわかず、ほとんど覚えていませんでしたが、齢をとって改めてお話を聞くと日本語(和歌)の美しさ、言霊の素晴らしさを実感しました。

和歌は縄文時代にワカ姫によって作られました。(ホツマツタエ)

平安時代よりズ~と前から歌われていました。美しい日本語の響きは「からだ」も「こころ」も癒してくれます。

ヤマト言葉を使って健康になりましょう。昨今の社会の乱れは「ことば」の乱れから始まっているのではないでしょうか。

しばし、平安の「こころ」に触れ、穏やかな心持になりました。

 

i

u

 

 

地方の文化はすばらしい!富山県知事 石井 隆一氏の教養の高さと故郷への愛。

お金がすべてのどこかの国の総理大臣や閣僚達、ズルしている官僚や経営者。平安の国主や石井氏の心意気を学んでいただきたい。

歌人 小島 ゆかり 氏。国分学者 中西 進氏の講演がありました。資料は当院待合室にあります。

f

 

m

 

大伴家持文学賞創始の受賞者 マイケル・ロングリー氏の手紙も素晴らしいものでした。和のこころの理解者です。

l

 

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

2019.03.26更新

霞が関にお勤めの菜衣子女史からのミッションをうけ、麻布十番の「乃が美」の「生」食パンを買いに行きました。

完売次第終了。というお店だそうです。

シンポジウムが飯田橋であり、ちょっと足を伸ばして麻布十番まで行って来ました。

そのままちぎって食べるのがおすすめだそうです。

恥ずかしながら、おのぼりさんで、ラスクと間違えてクルトンも買いそのまま食べて、かたいのと、甘くもないと文句を言って、ブツブツ食べていました。すると…

当院受け付け「中野大明神」にサラダやスープに入れる物です。とバカにされ頭が上がりません。

食パン美味かったです。

菜衣子さんミッション終了しました。

z

c

b

n

m

お店の方の承諾を得て写真を撮らせていただきました。

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

2019.03.26更新

今週は第11候(3月26日~30日)

桜始めて開く(さくらはじめてひらく)

本格的な春となり

日本列島にようやく

桜の花が咲き始める時節。

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

2019.03.21更新

今週は第10候(3月21日~25日)

雀始めて巣う(すずめはじめてすくう)

春の気が盛んとなり、雀が枯れ草や藁を集め

巣を作り始める時節。

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

2019.03.20更新

先週急に「くしゃみ」「鼻水」が出てきました。

たいした事はなかったのですが、3月12日「目がかゆい」花粉症の症状が出始めました。(こんな年齢になって)そのうち瞼がはれてきました。

朝は左瞼がくっついて目が開けられません。

3月16日(土)は自律神経治療のセミナーです。3月17日(日)はフォースメゾット。エネルギーマスター養成講座でした。

顔まで赤くなってきた感じ。瞼がかゆい。

日曜日のエネルギーマスター養成講座の前に眼科へ寄ってからと考え、新宿駅周辺の眼科を検索しました。

日曜診療している眼科がいくつもありました。さすが大都会です。

選んだのは新宿西口駅前の銀行ビルの4階に入る新宿○○眼科、当日朝7時からインターネットで予約ができます。

予約を入れたら2番目が取れました。数字の「2」は数秘術占の私の軌道数です。

何かラッキー、運命的のものを感じます?良いことありそうです。

エレベターを降りるとフロアー全部、眼科と眼鏡屋さん。あまりの大きさにビックリ、眼科も年中無休、患者さもいっぱい。

問診票もインターネットから出し記入して行きました。

予約してある為か程なく呼ばれ、視力、眼圧等の検査も手際良く、親切でした。

院長先生の診察を受け、アレルギー検査も15分で出来るというので申し込みました。

出ました「スギ花粉症」の診断、アレルギー検査強陽性、他の花粉は大丈夫でした。目薬と飲み薬も処方されたので、早速飲み薬を飲んでしまいました。 

しばらくすると顔が赤く腫れてきてしまいました。

アレルギー改善薬でアレルギー症状が出てしまいました「まずい」と思いながら、エネルギーセミナーへ急ぎました。

「冥想」するのに大丈夫でしょうか。セミナーが始まると、顔の腫れが引いて、かゆみもなくなってきました。

院長先生は「お酒は禁止」とおしゃっていましたがセミナー後は懇親会です。肝臓を元気にする為 私はウコンの粉末をタップリ飲んで気合いが入っていました。

たまには宴会に出席!酒を飲んでも眼がかゆくなりません。ウコンのせいか酔いません。

薬が入っていますので本当は自律神経がおかしくなり易いのですが、絶好調でした。

冥想して、酒を飲んで、スギ花粉症が治ってしまいました。かゆみも出ません。

やっぱり「エネルギー」はすごい? ところで「エネルギー」って何だ!「氣」?当院の入り口付近に伊勢神宮の社務所でいただいた「杉の苗」が50㎝程に成長し花を咲かせ花粉を今年飛ばしています。

雄雌同体で実のようなものもついています。これは伊勢神宮のプレゼントのスギ花粉症です。また一つ楽しみが増えました。

天照大神からもらった花粉症をこれから毎年楽しみたいと思います。とてもありがたい気持ちになりました。

「言霊」の冥想でかゆみやはれが引いてしまったのは天照大神につうじたからでしょうか!!薬は1回飲んでおしまいです。

当院では、リハビリの号令に、「ひ」「ふ」「み」・・・と数えています。「とほかみえみため・・・」と三種祓いを唱えています。

「カタカムナ」「ホツマツタエ」の言霊治療です。ロゴストロンの最新技術の波動療法と縄文の言霊療法を合体させています。

治療もスギ花粉症も益々楽しくなってきました。皆さん当院のアマテラスのスギ花粉を吸って、言霊の冥想をして、ドンドン元気になりましょう。

早く来院しないと花粉が無くなってしまいますよ!お待ちしております。ワクワク・ドキドキの生活が始まりますよ。x

 

v

b

n

m

k

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

2019.03.19更新

3月30日(土)
神代文字セミナー出席の為午前休診
午後2時より予約診療致します。
せな整骨院・鍼灸院
046-256-9488

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

2019.03.16更新

今週は第9候(3月16日~20日)

菜虫蝶と化る(なむしちょうとなる)

成長した菜虫(青虫)が羽化して

蝶に生まれ変わる頃。

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

2019.03.11更新

x

z

g

h


相模原市茶道連盟の茶会に出席させていただきました。

j

当院来院の宮崎先生のご紹介です。生まれて初めてのお茶会です。

宮崎先生にレクチャーを受けて参上致しました。恥ずかしながら正座がきちんと出来ません。

各お席では私一人だけ、椅子を用意していただき、着物姿の皆様とご一緒させていただきました。

会場は地元の料亭「水車園」あのダイアナ妃が日産座間工場を見学した際、お茶を召し上がり、お食事をした所です。

いくつもの茶室が用意されています。それぞれの流派の席主により趣向を凝らした席が用意されていました。

日本文化の奥深さを学びました。席主それぞれの解説も大変勉強になりました。

床の間にかざる「書」や「花」「茶葉の種類」、「菓子」「器」「茶釜」すべてに意味がありました。

a

c

b

n

 

客人も器の名や席主の意向を理解している様で、茶席の先生方もかなりのハイレベル。教養の高さにビックリいたしました。

「お菓子」も席主が菓子匠に意向を伝え、この日の為に特別に作られた和菓子です。

和菓子のすごさを改めて知らされました。「ボーと饅頭食ってるんじゃねえよー!」とチコちゃんに叱られそうです。

やはりこの様な自然にみえる「おもてなし」日本の文化は素晴らしい。世界の知識人が感動する意味が解りました。

日本に自信を持ちましょう。

正座も出来ず、作法も知らない私に、席主も客人も皆様に親切にしていただき、子供の様に面倒をみていただきました。

正直に自らを明らかにすると助けてくれる人が沢山います。

手取り、足取りのお茶会でした。皆様有難うございました。

青山学院大学の茶道のお弟子さん達がお手伝いをしていました。

私は日本の文化を知らなさすぎます。

茶道、日本舞踊、琴、三味線、能、狂言…日本人が自らの文化に自信が持てるよう若い方に、伝承しないととしみじみ思いました。

子供さんもお見えでした。こんな素晴らしい文化を今まで知りませんでした。

各お席ごとにお茶の味?も、温度も器も部屋のムードも全然違う事を知りました。

同じなのは「あたたかい、おもてなしの心」どの部屋もいい「氣」につつまれ、ゆったりお茶を楽しめました。宮崎先生ありがとうございました。

k

h

投稿者: せな整骨院・鍼灸院

前へ 前へ